クピドの裏側(出張版)

漫画家・北崎拓のblogです。四方山話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若い力!のち、なぜか古いロボットアニメ

この新連載から新しいアシスタントさんにはいってもらうことになりました。
20代。
絵も上手くてやる気も満々。
デビュー作も近々発表されるとの事なので、今後が楽しみであります。

さて、そんな新しい風がスタジオに入ってきたところで、何故か古いアニメの話に花が咲きました。(一方的にね)
若いし、格段アニメファンでもなくても、ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」で名前とかは色々知っているんですね。

で、最近仕事中は古いロボットアニメがよく流れています。
ガンダムシリーズからはじまって、イデオン、今ボトムズのクメン編あたり。
間にコッポラの『地獄の黙示録』が流れたり。
いや、若いアシスタント君が観たいと言ったわけでもないんだけど
もう強制的に自分の思春期の追憶を見せつけてるような感じ?(笑)
久しぶりの新人さんにはしゃいでるんですな。

慣れない仕事な上に、さらにストレスかけちゃってごめんね。

…これをあの短い行に書くのは難しいなぁ…と→スピリッツ巻末の作者コメント。

s-5.jpg


アニメといえば本放送時は観ていなかった『テッカマンブレード』も最近視聴。
次々にハードルが上がっていく主人公への試練が面白かったです。

以上、今回は80~90年代のアニヲタ話でまとめてみました(笑)
スポンサーサイト


  1. 2009/10/07(水) 16:43:45|
  2. 雑誌の目次コメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝。

前回告知したカラーピンナップ、早速「見たよ」といううれしいお言葉。ありがとうございます。
いつもと毛色の違う仕事をするのは思った以上に戸惑うのですが、気分も変わりますし、なによりいつもと違う面を見てもらえるのは嬉しいなと。
コミックフラッパーさんとは、以前発行されていたコミックフラッパー増刊『コミック戦国マガジン』に拙作『タイムスキップ・真央ちゃん』を連載(正確には再掲載ですが)していただいてからのご縁でした。
『タイムスキップ・真央ちゃん』は「いつの日か自分の子供に読ませて恥ずかしくない 読ませたい漫画を描こう」と思って描いた作品で、作者自身大好きな一作であります。
それを評価していただき、より多くの人の目に触れる機会を与えてもらったことはホントに嬉しかったのです。
『タイムスキップ・真央ちゃん』はもっと多くの人にも読んでもらいたいなぁ、とは思うのですが…手に入りづらい状況が続いてますな!(泣)

さて『さくらんぼシンドローム』の方ですが、 「前々作といい、どんだけアイドル好きなんだよ!」とか嘲笑も聞こえてきそうな展開ですね。
芸能界って、すぐ身近に横たわってるファンタジー世界のような気がしてるんでしょうかね。作者的には。
近いところでは東京ディズニーリゾートとか?
「だ、だまされたフリしてあげてるだけなんだからねっ!本当は好きでもなんでもないんだからっ!(赤)」みたいな感じでしょうか(笑)

三人組の女の子が歌い・踊る姿は好きです。昔からなぜだか。
「世代的にキャンディーズの影響だろ?」とか思われるのは心外ですが、PerfumeがTVに出ていると、仕事中でもつい顔をあげてしまう最近。
「け、化粧品業界の漫画描いてるから、香水に反応しちゃうだけなんだからねっ!(赤)」
chi.jpg



  1. 2008/04/14(月) 19:45:33|
  2. 雑誌の目次コメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週号はすでに発売されておりますが


空気を読まずにYS先週号の巻末の「作者からの一言」について。
以下「さくらんぼシンドローム」についての話はでてきませんし、ちょっと当ブログのルールからはみ出した趣味性の強い話題ですので、興味の無い方は読み飛ばしてくださいませ

YS先週号巻末の質問「宇宙旅行に行けるとしたら、どこを訪れたいですか?」
答え「木星。大陸が浮いていたり、クジラみたいなのがいそう(笑)」

…「ナニ言ってるか一つもわかんねーよ!」の声が。
スミマセン。宇宙ときいて脳内でロマンが先走ったようです。

木星の浮遊大陸…は「宇宙戦艦ヤマト」で、波動砲の最初の餌食になる大陸です。
最近世間(の一部…たぶん)で盛り上がってますよ!ヤマト!!
ヤマトは本放送当時、SFファン第一世代だったオヤジが夢中だったのでつきあわされていました。
本音では「アルプスの少女ハイジ」や「猿の軍団」の方が観たかったのですが(笑)

木星クジラですが、これについては検索してみるとやたら「ガンダム」が引っかかる。
「ガンダムと木星?…ジュピトリスか!!」などと思いましたが違うようですね。
木星のクジラというと世代的には小松左京氏のSF「さよならジュピター」なのですが…。
宇宙とクジラまで視野を広げるとロバート・F・ヤング…よりも「スタートレック4」とか「マクロス・ダイナマイト7」という(笑)
宇宙とクジラって相性が良いのでしょうねえ。

ちなみに本音を言うと、飛行機すら嫌いな作者はどんなに技術が進んでも宇宙に出たくなんかありません。
たとえ軌道エレベータが出来ようとも、です。
典型的な「地球の重力に魂を(以下略)旧人類」ですので。

yamato.jpg


  1. 2008/03/01(土) 17:36:57|
  2. 雑誌の目次コメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

画像も貼れないことですし

作品には関係のない更新を少しだけ。

個人的に他人様の創作物を評する行為って、それが「好き」でも「嫌い」でも、語っている自分の嗜好とか知的レベルとかをさらす行為だと感じるので出来る事なら公の場ではしたくないです。
だからヤングサンデー本誌の巻末、漫画家に質問するコーナーとかって、質問によってはすごく悩むんです。
先々週号の質問はこちら。
「これを聞くと仕事がはかどる!」というお気に入りの曲はなんですか?

それに対する筆者の答えは「竹内まりや」さん。

・・・・・さんざん悩んで一人だけ答えるなら、もっとも無難と考えて選んだ答えがこれ。
もちろん実際によ~っく聞くし、声・詩・曲ともに大好きな傑作揃いですので、選択に嘘は全くないんだけど、
「恋愛漫画を描いてるから、イメージを大切に」とかイヤラシイことを考えたんちゃうん?と自問してみればそんな気もするし…。

まあ、好きな曲の話はいいんです。
これから何を言い出さんかというと…

映画「仮面ライダーTHE NEXT」がカッコよかった!!って話です。
3人のイケメンが現実では考えられないコスチュームを着込んで、ヘルメットを小脇に抱えて並ぶ姿は
「俺様の中に眠る乙女回路(別名・腐女子回路?)を直撃するぜ!!」ってな感じです。
前の記事で仮面ライダーを宣伝した時は「脚本家の井上さんは知り合いだから~」みたいな顔をして書いてましたが、本当に好きなんだよなぁ~。仮面ライダー。
この映画版で特に秀逸なのはコスチュームのリデザインとアクション。
最近でこそ得物を使う仮面ライダーにも慣れてきましたが、仮面ライダーといえば肉弾戦!な古い世代の筆者は、THE NEXTの戦闘シーンにはシビレましたよ。
コスチュームデザインはこういう仕事をさせたら日本一の出渕裕氏。
出渕氏とは随分昔に仕事でお会いしたことがあって、その時に色紙に描いてもらったのが「バイオハンター・シルバ」!家宝の一つでございます。

…もう何を話してるか解らないですね(笑)

映画鑑賞の勢いでV3なんか描いてみちゃったりしたのですが、もちろんここに載せるわけにはいきません(笑)


漫画本編について今は語れないので、ちょっと余談をしてみました。


  1. 2007/11/19(月) 06:22:14|
  2. 雑誌の目次コメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんだか夏はバタバタしますね。

夏生まれのせいか、昔からこの季節になると異様にはりきってくるんですが、今夏はまだ暑いのか涼しいのかよくわかんなくて、すでに身体がバテ気味です。

いくつかの質問もいただいていて、どのタイミングで答えるべきか…等々考えていると悩んでしまって全く更新が進まなかったりします。
本末転倒ですね。
なわけで、あんまり悩まず、目の前のものから思いつくまま更新していきますね。

今週(すでに先週だ…)の目次コメントより
Q:「いちばん好きな映画監督・脚本家は誰ですか?」

この手の質問はなんだか燃えますね。
いくらでも語れそうな感じですが、今までも色んなところで語っちゃいましたし、長くなるのは必至ですので今回は短めに雑誌で書いた答えの補足を。

好きな脚本家はかつて仕事をご一緒した井上敏樹さん
一緒にお仕事をしたのはクピドシリーズの前作、「なんてっ探偵・アイドル」。
井上さんの肩書きは一応「原案協力」となっていますが、「原作」でも「脚本」でもそのへんは言い方の問題にしか過ぎないと思っています。
4年間、全18巻にわたる長期連載でしたが、井上さんがいなければ一話たりとも出来なかった作品には違いありません。
作り方は概ねこんな感じでした。
井上さんが1エピソード分のプロット(大体4話分くらい)を書く→僕がえっちなシーンを加えて漫画にする、という流れ。
そのプロットの中に、粗筋・キャラクター配置・トリックとその解明手順・落ちまで全部入っていたのだから大変だったと思います。
その間、同時に社会現象とまでいわれた「平成仮面ライダーシリーズ」の全話シナリオを一人で全て書くという荒業までやってのけたし、小説も書いて、夜は夜でスゴイから…ってこれはお酒の話ですよ(笑)…「仮面ライダーアギト」と「仮面ライダー555」はいい歳して本気で楽しませてもらいました。
作家の熟れた時期の仕事を間近で見られるなんてそうはないと思うので大変刺激になった4年間でした。

そんな井上さんの新しい仕事、一昨年公開された劇場映画「仮面ライダーTHE FIRST」の続編「仮面ライダーTHE NEXT」が秋から公開予定だそうです。
今度はV3だ!!


  1. 2007/07/20(金) 17:19:03|
  2. 雑誌の目次コメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。