クピドの裏側(出張版)

漫画家・北崎拓のblogです。四方山話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうやりたい放題ですな…(ゴクリ…)


今週の『さくらんぼシンドローム』はいかがだったでしょうか。
冒頭に「この作品は、『さくらんぼシンドローム』に間違いありません。」なんておことわりを担当氏からいれられるほどにアレでしたね。(笑)

恋愛系の漫画は主要の数人の周辺だけでお話しが進みがちです。
「そこが良い!」と思って描いているのですが、今回のように「れなのCMが世間で評判になる」といった展開はやはりもう少しカメラを引かないとね。
でも引きすぎて「このCMは世間でも評判を呼び、一大ブームを巻き起こしたのだった…」なんて事実経過だけを追っかけてもつまらないし…やはりカメラをぐぅっと寄せてみよう…
…って、まったく知らないカップルに寄っちまったよ!(笑)

今回は加護ちゃんが珍しくいいトコ見せました。
でも加護ちゃんのダークサイドを知っているのは読者と作者(…と阿川くん)だけで、世間的にはこんな感じにうつっている娘さんなんでしょう。

作者的に特筆すべきは前回の記事にも絵を載せた剣道部の顧問教師。
なんだかネームの時に「こんな感じの先生」と思いついてそのまま描いちゃいました。
外人か?という風貌ですが、どうなのでしょう?
外国語教師で本名はクリスティーナとか?皆からは「クリちゃん」と愛称で呼ばれているけど、本人はからかわれていることに気づいていないとか?(笑)
こんな先生を主人公にすえたえっちな漫画を描いても楽しいかもしれません(笑)

突然ですが告知です。
筆者が漫画を描かせていただきました
女流棋士 石橋幸緒物語~さっちゃんの駒
の単行本が発売されます!(もう店頭には並んでいるのかな?)
『なんてっ探偵・アイドル』の頃に学年誌にて連載されたもので、女流棋士の石橋幸緒さんの半生を漫画化したものです。
本来一冊にまとめていただけるほどのページ数を描いていなかったのですが、なんと石橋さんご本人の手による自戦記がふんだんに掲載されて単行本化!!
皆様にも読んでいただける機会を得ることになりました。
是非ともよろしくお願いいたします。

koma.jpg





  1. 2008/04/24(木) 20:03:35|
  2. さくらんぼシンドローム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。