クピドの裏側(出張版)

漫画家・北崎拓のblogです。四方山話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新連載告知です



11月30日になりました。

本日発売されるヤングキングアワーズにて新連載予告が掲載されるということで、情報解禁です。
ヤングキングアワーズ2月号(12月発売)からの新連載タイトルは



ますらお 秘本義経記 大姫哀想歌
です 。

再起動


源平合戦の勝敗の行方を決定づけた戦の天才・源九朗義経の物語

今から18年前、週刊少年サンデーで連載されましたが一ノ谷合戦が終わったところで終了となっておりました。

ご存知の通り歴史的に見て、源平合戦も、源義経のドラマもここが終わりではなく、屋島合戦・壇ノ浦合戦、そして衣川へと続くわけで、長い長い間「続きを待ってますから」というありがたい読者の声は届いていたのですが、その機会に恵まれる事はずっとありませんでした。

しかし、単行本にも、後に出た文庫版の後書きにも書いたのですが「いつの日か…」とお約束し続けてきたそれを遂に果たせる日がやってきました!

kao72.jpg


作者自身は驚くほど彼等が自分の中にまだ生きていて、すらすらと筆が進んだのですが、いかがでしょうか?
(正直三郎の傷なんかは右だったか左だったか忘れていましたが…)

物語は完全に前連載の続きです。(一部キャラクターデザインなどは新しい物語に耐えられるように直したりしていますが)
それ故、前作を知らない人にはやや不親切な作りになっているのも自覚しているのですが、「最終的にますらおを完結させたい」という思いから手をつけた再起動ですので、興味をもたれましたらなんとか過去作にも触れてみていただきたいです。
(電子書籍・文庫版は今でも入手可能…なのかな?このあたりはもう少しなんとかしたいですね)

今回はサブタイトルの『大姫哀想歌』編とあるように義経に討たれる木曽義仲の息子・義高と、源頼朝の娘・大姫の幼くも哀しい恋物語を切り出して描きました。(ちゃんと当時の単行本でも、ここから描きたいと言ってる!)



12月発売のヤングキングアワーズ2月号より再起動される『ますらお 秘本義経記』、応援よろしくお願い致します。
まずは新連載の告知でした。
スポンサーサイト


  1. 2013/11/30(土) 00:23:42|
  2. 連載漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。