クピドの裏側(出張版)

漫画家・北崎拓のblogです。四方山話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GW終了

終わっちゃいましたね、GW。
「GW?は?何ソレ?」とか普段なら言っちゃうトコですが
今年はそんなにスケジュールをつめられたわけでもないのに
ちょっと旅にいってきました。
miyazima.jpg


「!」
はい、安岐安芸の宮島の厳島神社です。

「ついにアレの続編を描く気になったのか!?」
…って感じですが、とくにそういうお話があるわけでもなく、ただもう一度見たくなったので。
昔取材に来たときはかなり時間に追い立てられていましたので、今回は宮島に宿をとり一泊。
夜には遊覧船から鳥居を眺めました。

『さくらんぼシンドローム』の時も取材先は広島でした。
幼い頃に過ごしたせいか瀬戸内は大好きです。
久しぶりに息抜きできたGWでした。

お話変わって
『このSを、見よ!』第2集、発売中です。
帯の熱い推薦文は堀江貴文氏。ありがとうございます。

なんと推薦していただいたかは実際に手にとって見ていただくとしまして(え~)
ちょっとそれにまつわる事で、この作品の連載開始当初から思っている事を一つ。
雑誌アンケートってあるじゃないですか。
この作品について意見を聞かせてもらった時など少し拝見させてもらうのですが
「エロいのでやめてほしいです」
というのがたま~にあったりするんですね。
いや、これはいいんです。
気になるのはさらにたま~~~~にある
「スピリッツにエロはふさわしくないと思います」
という意見。

これには「ちょっと待て!」と声を大にして言いたいです。言っちゃいます。

「スピリッツは昔からエロいからカッコよかったんじゃないのか!」と。

思えば『めぞん一刻』読みたさが購入の建前でありながら
池上先生やたがみ先生の作品も楽しみでしょうがなかった
純な中学生時代。
スピリッツのえっちい漫画には、親にも言えない大人の世界が描かれている気がしてたっけ。
されど本屋のレジにもっていくには勇気が足りなくて、本屋前に
設置してある自動販売機で「スピリッツ」の購入ボタンを押したはずなのに、はずなのに…
出てきた雑誌は
「プレイ●ミック」…

「あの…違う雑誌でてきたんですけど…」
結局本屋のお姉ちゃんに申告するハメになった青い春…。

え~と、なんの話だっけ?
あー、スピリッツ30周年おめでとうございます、という事で(笑)



…ゆっくりしたのもつかの間、広島から帰るなり発熱。
うが~スケジュールが~!
スポンサーサイト


  1. 2010/05/07(金) 02:36:54|
  2. 連載漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<巻頭カラー | ホーム | 休載って>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/05/09(日) 11:19:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takukitazaki.blog109.fc2.com/tb.php/121-c8ef48ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。