クピドの裏側(出張版)

漫画家・北崎拓のblogです。四方山話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログ開設のご挨拶

漫画家の北崎拓と申します。

07年現在、小学館「週刊ヤングサンデー」「さくらんぼシンドローム クピドの悪戯Ⅱ」の連載をいただいております。

昨年秋~年末にかけて前作「クピドの悪戯・虹玉」がテレビドラマ化されました。
その時に「原作者によるドラマ「クピドの悪戯・虹玉」応援Blog」なる期間限定ブログを立ち上げ、短い間ではありますが、漫画作品以外の作者自らの言葉を発信させていただきました。

それに味をしめた…というのは露骨な言い草かもしれませんが、本来物語本編内で語られるべきでない作品の側面やら、裏側やらをちょこちょこ語っていけたら、より楽しんでいただけるかも…などと思いつつ、重い腰を上げてみることにしました。

とはいっても思いつきに等しい行動ですから、どこまで出来るのやら自分でもわかりません。
あまり期待などされずに、ごゆるりとお付き合いくださいませ。

それではよろしくお願いいたします。

1.jpg

スポンサーサイト


  1. 2007/06/18(月) 02:40:07|
  2. ご挨拶
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<さて最初の記事なのですが | ホーム |

コメント

最後まで連載お願いします。

ヤンサン休刊するかも、という話を目にしました。
いてもたってもいられなく、このブログを見つけて、いまコメントを書いてます。
僕は中学校のころから、週間・月刊少年誌、週間・月刊成年誌をほぼ全部読むことができるという特殊な環境で育ちました(兄が何故か買ってきまして)。現在二十の半ばになります。今では昔のように、毎週毎月漫画を網羅的に見ることはなくなりましたが、唯一毎週かかさず、読んでいるのが、この「さくらんぼシンドローム」です。毎週木曜日がドキドキでして、毎週木曜日はニヤニヤです。(すいません、立ち読みですが)今まででひょっとしたら一番好きな漫画かもしれません。
ある意味僕のような立ち読み読者が休刊に追い込む原因だったりするのかも、知れません。
それでも、最後までこの連載は続けていただきたいです。たとえ違う媒体になったとしても。
このブログを見つけて、とても嬉しかったのは北崎さんが、最後まで連載をしたいという意志をしっかりともっていらっしゃることが確認できたことです。
この作品は是非最後まで納得のいく形で続けていって欲しいです。ホントによろしくお願いします。
  1. 2008/05/20(火) 21:41:57 |
  2. URL |
  3. iwaoni #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takukitazaki.blog109.fc2.com/tb.php/214-94213d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クピドの悪戯_虹玉クピドの悪戯 虹玉(クピドのいたずら にじだま)は、週刊ヤングサンデーに連載された北崎拓の漫画作品。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
  1. 2007/07/30(月) 14:38:34 |
  2. あのドラマに夢中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。