クピドの裏側(出張版)

漫画家・北崎拓のblogです。四方山話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

…北崎さんおそるべし(漫画家じゃない方の)

前回少しネタ的にふれた「ドラゴンオルフェノクの北崎さん」への食いつき、ありがとうございました(笑)

ipadでの漫画配信についてのご意見もありがとうございます。

確かに紙媒体での発表が前提で進化してきたのが現在の漫画ですから、そうでなくなるのは寂しい…以上に
なんらかのスタイルの変更が必要になる日はくるのかもしれませんね。
スタイルがどこまで変わると「漫画」と「漫画じゃない」に分かれるのかわかりませんが…とりあえずipad買ってさわってみようかなぁ…くらいは思っているipad発売日の今日この頃です。
いや、新しいものが嫌いじゃないだけなんですが(笑)

s35.jpg


次回はこの千鶴ちゃんの他にも、もう一人同じアングルで裸を描きました~。
腰のラインの違いなどをお楽しみください(笑)



以下雑談。
お好きな方も多いようなので、雑談に「ドラゴンオルフェノクの北崎さん」いついての思い出話など。
ちなみに「ドラゴンオルフェノクの北崎さん」は、昔一緒に組んでお仕事をさせてもらっていた井上敏樹さんが、同時期に脚本を手掛けられていた『仮面ライダー555』に登場する最終回間近まで最強にして最凶の怪人の名前です。
面白いので作品でのご確認をオススメ。

「ドラゴンオルフェノクの北崎さん」は公式にも「北崎」であって下の名前がありませんよね。

実は、彼の下の名前を知っているんです。

当時、井上さんと食事をしながら「北崎」の下の名前を決めて欲しいっておねだりしたんですね。
でもって2つの名前をこちらが提案して、「2番目の名前がオルフェノクの北崎(ああ、ややこしい)にはふさわしい」と言ってもらったのです。

漢字一文字の名前でした。(もちろん「拓」ではありませんよ(笑))

…結果はご存知の通り、使用されないままでしたが。
…番組も後半でしたし、タイミングがあわなかったのか、関係者様にNOと言われたのかはわかりませんが(笑)、自分だけが彼の本名を知っている気になっているおめでたい北崎(漫画家の方)なのでした~(今日のわんこ風に)

むろんこれは『仮面ライダー555』のオフィシャルな設定でもなんでもない、四方山話ですので、お間違えなきように!


*サムずアップ様、 誤字のご指摘本当にありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト


  1. 2010/05/27(木) 09:13:30|
  2. 連載漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<簡易更新 | ホーム | 巻頭カラー>>

コメント

さくらんぼシンドローム

読みました!
さくらんぼシンドロームのファンです!
ファンタジーのような病気を現実っぽく見せるのが印象的でした。
さらに、二桁にも満たない少女が一人前の大人と語り合うところも印象深く、年下志向の僕(少女たちを守る側)にとって衝撃というかドストライクというか…とにかく感激しました!
さらに、渋谷や尾道に北佐久。どれも行ったことがあるので親近感もわきました。
ちなみに一番好きな巻は7巻と8巻です。ここでれなちゃんが決意をし現実と向き合うところが特に好きです。
そして、8巻の読み進めた所の46Pがちょっとドキッとしちゃいました。
さらに顔の描き方も印象深く、どんな美少女でも顔が歪むということも、細かい所にも気を使っていて斬新でした!
青年誌はただエロ雑誌だと思っていたのですが全く違うんですね!知らなかった…
あと
さくらんぼシンドローム以外読んだのですが、コメディが多く違った意味でショックを受けました(笑)
最後まで気持ち悪いですが自分のことを書きます。
今、大学二年なのですが五月病みたいで独り暮らしのアパートに引きこもりがちです。
全くやる気がしません。
朝から晩まで子犬のような素人や、プロ騎手のような女優を見てマスばっかかいてます。鬼忙しい先生からするとムカつくかもしれません。(笑)
そんな僕の生活に潤いを与えてくれたのはさくらんぼシンドロームです。
この18、19という年齢で処女が皆無という時代に
なんと素晴らしい物語だろうか!
読んでて涙が出てきました。
ブログや掲示板では麻生さん一派が多いですが僕はれなちゃん一筋です!
おもしろかったです。
またれなちゃん書いてください。
好みは違うかもしれないけれど先生は大人より少女を書くほうがいいとおもいます!
長くてすんません
ヒマなんでつい…
体に気をつけて
これからも応援してます!
  1. 2010/05/30(日) 13:56:05 |
  2. URL |
  3. tomoz #-
  4. [ 編集]

携帯コミックサイトにて北崎さんの作品「逆襲のオレ×ヨメ」を読ませて頂きました。
漫画そのものから離れて久しかったのですが、これは大変楽しく読むことが出来ました。
読み切りにしておくのが勿体ないです…
特に鏑木萌絵(見た目は勿論のこと、キャラクターも)が秀逸過ぎます。
本気で鏑木萌絵が登場する漫画を連載して欲しいです(笑)
お仕事頑張って下さい!
  1. 2010/06/01(火) 05:00:51 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

iPadの件
どうせ、「動かないのは変だ」とか「音もないのはダメ!」という方向になるのではないでしょうか?
ブログでもほのめかされていたように、紙とは違う媒体での発表となった時点で「漫画」ではないような気がしますけどね。
わたしゃ動くものより、動かない「漫画」の方がいいですけど(今のところは)。
  1. 2010/06/07(月) 23:16:23 |
  2. URL |
  3. ちー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takukitazaki.blog109.fc2.com/tb.php/335-7934b5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。